こちら海抜0.1m!

いつの間にかベンチャーに移ってました。住んでるところは海抜0.1m。会社のステージもまだまだ海抜0.1m。

人生100年時代になにを考えどう生きるべきか。

人生100年時代。

 

いま42歳。随分歳をとったなぁと思いつつも、実はまだ半分も生きていないのかもしれません。

 

仮にあと半分だとして、約40年。長いようで短いのか。これからどのように時間を使うべきか、100年時代に必要なことは何なのかを考えてみたいと思う。

 

f:id:shinovo:20180221180213j:plain

 

100歳まで生きると仮定した場合に考えておくべきこと

 

まずそもそも死ぬときに、どんな状況でいたいかを考えてみる。

  • ぽっくり(寝たきりや痛いのは嫌だ)
  • 家族・親類に囲まれている(孤独死は嫌だ)
  • あれもやればよかった、これもやっておけばよかった、とはなりたくない

 

100歳まで生きないとしても、とりあえず「ぽっくり」逝くのがいい。

 

ずーっと元気だったのに、急だったね。これが最高なのかも。

寝たきりや痛いのを我慢し続けてのたうち回るのは嫌だなぁ。

それに心を病んで、自分が自分と分からない状況で、周りに迷惑をかけるのも嫌だなぁ。生きていても意味がないし。

 

そう考えると、まず人生100年時代に必要なのは心身ともに「健康」であることではないか。

 

足腰がしっかりしていて、病気をせず、心も健全を保つ。

 

【足腰をしっかり保つ】

・必要な筋力を維持する

・よく歩く

・姿勢を正す

 

【病気をしない】

・健康診断で毎回オールAを目指す

・暴飲暴食をしない

・無駄な脂肪をつけない。血液をさらさらに。

・よく寝る

・体力をつける

 

【心も健全に】

・友人を多く持つ

・悩みを抱え込まない(相談できる相手を持つ)

・趣味を楽しむ(仕事だけではない人生を送る)

 

【その他】

・100年生きても十分な資金を持つ

・家族・親類をフォローアップする(家族が病むと自分も巻き込まれる)

・人生でやりたいことリストをつくる

 

こんなもんかな。

 

 

健康であれ、そして十分な稼ぎを持て

健康第一、そして食うに困らない稼ぎを。

 

今の日本では、サラリーマンは60歳か65歳で定年退職を迎える。といっても、その年令の前に、給与は落とされてしまう。

 

つまりは50代半ばから、100歳になるまで、50年近くは、それまでに蓄えたお金と雀の涙ほどの年金で過ごすことになる。

 

長生きはする、だけどお金に余裕がまったくない。

 

この状況は考えてみるとめっちゃつらい。

 

時間はあるがお金がない、となると、お金を使わないために出かけなくなる。

 

出かけなくなると、足腰が弱まる。病気がちになる。もしくは、痴呆になってしまう。

 

そして、やりたいと思っていたことが実現できずに人生を終えてしまう。

 

お金がないと、健康も害し、またやりたいことも実現できなくなってしまう。

 

これはマズイ。

 

健康と同じぐらいお金は必要そうだ。

 

本業以外の収入を得る訓練を

イムリミットは50代半ば。おそくとも定年までに、本業以外に収入を得る訓練をする必要がある。

 

そうでないと、貯蓄を切り崩し続けて、残高が0になると、信頼のおけない年金頼みになってしまう。これでは人生100年時代を生き抜けない下級老人確定だ。

 

日本全体で、会社に頼る生き方、考え方を改革する必要がある。まさしく働き方改革だ。

 

長生きする。だけど金はない。今のままだと間違いなくここにいきつく。

 

会社に頼らずに稼げる力がないと、いくら蓄えを作っていたとしてもいずれ底をつくだろう。 

 

世の中の動向を見つつ、稼げるネタを複数持っていないとこれからホント生きているのが辛くなるんだろうなぁ。

 

最低限のお金があって、健康体があって、100歳まで生きて、ぽっくり死ぬ。

そのときには家族に囲まれて。

 

これが人生100年時代の幸せのカタチなのかなぁ。

 

 

 

AI(人工知能)の発展は世の中を便利にし、豊かさをもたらすのか?

AIがどんどん進化してきました。

音声認識も画像認識も、思考も凄まじい勢いで進化してきています。

 

家庭では、Google HomeやアマゾンのアレクサなどのAIスピーカーがIOTの入口として活躍し始めました。

買わなきゃいけないものをアレクサに話しかければアマゾンがお急ぎ便で持ってきれくれます。 これからはきっと家の中の在庫状況を勝手に判断して、必要なものは、自動的に発注してくれるようになると思います。

 

f:id:shinovo:20180215160909j:plain

 

旅行サイトでは、最も安いものがレコメンドされ、趣味嗜好に基いて最適な旅行プランを考えてくれたり、 小説そのものをAIが書いちゃったりする世の中になってきました。

bunshun.jp

 

ハードルが高いと言われていた将棋や囲碁でさえ、プロ棋士が勝てなくなるほどです。

また、ガンなどの病気の状況も血液一滴で調べられるようになったり、レントゲンやエコーの情報から画像認識で病気の芽を見つけたり医療分野でも大きな進歩を見せています。

 

 

AIの発展で生活はどう変わるか?

AIによって、健康状態を常に把握できるようになり、病気の芽が事前に摘み取られる。

これによって、長寿命化が考えられるかも。

 

もしかしたら、AIが寿命を教えてくれるようになるかも。

あなたの寿命は、76歳〜78歳のようです。この生活を次のように改善すると82歳から88歳までは生きられるようになるようです。

 

長寿は嬉しいかもしれませんが、生活費はもちろんその分必要になりますので対策が求められるようになるでしょうね。

 

人間の苦手なことを代わりに考えてくれるようになる。

お金の運用は、ロボットアドバイザーがやってくれます。

 

感情抜きにして損切りしてくれたり、面倒な再配分してくれたり、最適なポートフォリオになるよう常に実行に移してくれるのは強い味方です。

 

ファッションセンスに自信のない人、もしくはあまり興味のない人は、完全にAIにお任せ。今日のコーディネートは、これです。って出してくれるようになる。

 

しまいには人生設計や、付き合う人診断もAIが。

あの人はあなたにふさわしくありません、付き合うのをやめてください。

わたしがAIネットワークを通じて最適な人を探してきます。

人生設計上、これではいけません。私の考える通りにしてください。

旅行ですか、そこはオススメしません。なので私の考える通りにしてください。

ぼくは野球選手を目指したいんだ。野球選手として活躍できる可能性はあなたにはなさそうです。

いますぐ諦めて資格試験の勉強を始めてください。

 

OK, Google 今日の◯◯は?という◯◯はすべてAI頼み。一切考える必要がなくなりそうです。

OK, Google ぼくはどう生きるべき? おまかせください。私におまかせいただければ、必ずあなたを幸せにします。あなたは一切考える必要はありません。

 

いつの日かこんな風になりそう・・・考え過ぎ?

 

ホワイトカラーだけではなく、ブルーカラーもいて世の中が成り立っている

世の中のみんながみんな知識労働者であれば、AIを使った効率化バンザイなんだろうけど、世の中そんなに単純じゃありません。

 

数年前までフィリピンに住んでいたのですが、フィリピンでは、コールセンターが一大産業に育っています。

 

大卒の若い人たちがこぞってコールセンターのオペレータとして働き、今では世界No1のコールセンター席数を誇っています。

主な対象はアメリカ。地球の反対側なので、アメリカの昼間、フィリピン人は夜中に働いています。

 

そんな彼らの職を奪ってしまいかねないのが、AIであったり、音声認識の技術。 これまでは人海戦術で対応していた顧客対応を、AIがさらりとスマートに対応。

 

経営者からすると魅力です。

 

今までコールセンターのコストは非常に大きかった。

 

とくに何も生み出さないのに(もちろん顧客の声を拾える点は大事ですが)、顧客対応はしなければならない。

 

数百人で対応していた顧客対応を、1人のエンジニア+AIで実現。

 

こんなことがあと数年で実現できそうです。 いまはマニラやセブの中心地は不夜城のごとくコールセンターのビルが建ち並んでいますが、その光景も数年で廃墟と化す可能性すらあります。

コールセンターだけではありません。

 

ニューヨーク、ゴールドマン・サックスでも2000年にいた6百人いたトレーダーが今では2人しかいないとのこと。 

www.newsweekjapan.jp

 

ここまで来ると対岸の火事ではなく、自分にもいつ降り掛かってくくるかもわかりません。

 

工場やコールんセンターのオペレータ。コンビニやスーパーのレジ担当。保険会社の契約手続き担当。銀行の窓口担当。。。 いろんな職業が、AIに置き換えられていきます。

 

会社は人件費が削減できてスリムアップします。 が、人件費の削減=失業率のアップを意味します。

 

AIに置き換えられない職業に就けないのがダメなんだ。

そう言う人もいます。

 

しかし、世の中そんなに知能指数が高い人ばかりではありません。

 

貧富の差はますます拡大し、富めるものはもっと富み、貧しい人はどこまでも貧しく。

AIの世の中は、こうなってしまわないだろうか。

 

AIが作る世の中があんまりハッピーに思えないんだよな。

現時点では。。

 

 

またねー

 

通勤は必要なのか?働き方改革で通勤をなくす企業は増えてくるのか?

通勤途中、朝の茅場町駅東西線日比谷線の連絡路において、足が不自由な方と毎朝すれ違う。

 

朝8時ちょっと前なので、最も混み合う時間からは少し早いとは言え、大混雑している。

 

スーツを来て、松葉杖を使って一歩ずつ。先天的なものではなさそう。

 

病気か事故か。 我先にと足早に過ぎ去る人、スマホの画面を集中しながら歩く人、その人にはあまり多くの人は関心を示してはいないけれども、まれに邪魔だなぁといった目を向ける人もいる。

f:id:shinovo:20180209172447j:plain

 

ふと思った。

通勤って必要?

 

どんなお仕事をされているかわからないので一概には言えないが、オフィスワーカーであれば、職場に出向かないといけない仕事なんて最近はほとんどなくなっていると思う。

 

たしかに、サーバーを現場で管理したり、工場のラインで勤務されているとなれば出向く必要があるだろうけれど。

 

インターネットの普及で、オンラインミーティングがめっちゃ簡単になりました。

 

チャットでコミュニケーションをとって、かつ常時接続もできるので、疎外感はまったくない。

 

オンラインで飲みだってできる。もちろん直接会いたいってこともあるのは事実ですが、毎日通勤する必要はないと思う。

 

なにがしかの障害を抱えてしまった人にとって、通勤ラッシュは過酷だ。 健常者であっても苦痛なのに。

 

これからの働き方はどうあるべきか?

 

労働人口が今後大きく減少していく日本。

 

労働人口を少しでも増やすためには、高齢者や子持ちの主婦などの雇用が課題だ。

そうなったときにネックとなりうる通勤。

 

通勤をなくすだけで、企業側にも労働者側にもメリットが生まれる。もちろんデメリットも存在するが。

 

 

f:id:shinovo:20180208155846p:plain

 

なかなか性善説には立てないので、社員をいかに管理すべきか、に頭を悩ませる経営者も多いと思う。

これまで多くの労働者は、時間を切り売りすることで、賃金を得る構図だった。

 

今流行の「働き方改革」って、つまりはこの時間を切り売りするスタイルを変えるってことだと思う。

 

効率よく成果さえ出せれば、長時間労働なんて不要。

朝から深夜まで働く必要なんてない。なんなら通勤も必要ない。

場所・時間にとらわれず、成果だけを追求。

 

働き方を改革にあたっては、労働者側の意識改革が圧倒的に必要なのではないかと思う。

 

これまでの日本って、仕事をキッチリして定時に帰るよりも、ダラダラでも長く事務所にいるほうが「働いている」「がんばってる」「忠誠心がある」って思われていた。

 

そういう風潮を一掃しなければ働き方改革なんて難しい。

 

時間を切り売りしている職業はこれからロボットなどに置き換えられてしまう。

 

働き方改革って、仕事がラクになるわけではなく、結果にコミットすることが求められるので、ダラダラ時間を潰してたらお給料がもらえるぬるま湯な環境を廃するという考え方だと思う。

 

 

 

 

 

ピアノはじめました。40代からでもきっと遅くないはず。

ほんとどうでもいいっちゃどうでもいいんですが、42歳にしてピアノはじめました。

 

楽器ができたらいいなぁ、と思いつつこの歳になってしまいました。

 

いつでも、今が一番若い!

 

はじめるなら今しかない、ということで電子ピアノまで購入してしまいました。(ほんとは子どものために買ったのですが、自分もマスターする!!)

 

f:id:shinovo:20180205231755j:image

 

毎日のメニュー

 

・基礎訓練:指ならし

・好きな曲練習「月の光」ドビュッシー

 

はじめたてなので、基礎訓練ばっかりやるべきなのかもしれませんが、どう考えたってモチベーションが続かない。

続けるためには、好きな曲を練習するのが一番。たしかに、めっちゃ難しい、でもチャレンジしがいがある。

 

いまは、Youtubeで、指導動画なんかがあるので助かります。

 

どんな風に指回しをすべきかを動画で見ることができるのは勉強になります。動画がない時代に独学でピアノを学ぶなんて信じられませんね。

 

いつまで続けられるかもわかりませんが、今は楽しく弾いています。

 

うまくなったらきっと楽しんだろうな、と。

 

電子ピアノは、ヘッドホンがついているので、夜でも気兼ねなく弾けるのがいいです。

 

50歳になったときに、ピアノが好きなんです、って言えるために。

 

 

またねー

2018年を彩る天体ショー。2度の皆既月食に、火星大接近、さらには三大流星群。

昨日は、3年ぶりの皆既月食でした。皆さんは、ご覧になりましたか?

ひと月に2度目の満月をブルームーンといいますが、スーパームーンとも重なってとてもきれいでしたね。

 

前回の皆既月食は、2015年4月4日。今回まで約3年ありましたが、次回はなんと今年2018年7月28日。1年に2度も皆既月食が見られるんですね。

 

そこで、2018年に見られる天体ショーをまとめとこうと思います。

 

f:id:shinovo:20180201222154j:plain

↑2018年1月31日の皆既月食

 

2018年の天体ショーまとめ

 

皆既月食

  • 2018年1月31日
  • 2018年7月28日

今年は2度も皆既月食が見られる月食当たり年。

1回目の2018年1月31日は、ブルームーンスーパームーンで赤銅色な月食

そして2度目は、月食中に、月が沈むこれまた珍しい月入帯食と言われています。なので、時間帯は、1回目と違って、明け方です。

 

火星大接近

今年は、2003年以来の火星大接近年です。

なんと、6,000万キロを下回り、2018年7月31日には5,795万キロの距離となります。

これってかなり大接近。

観察するには最適です。

 

火星といえば、映画では、マット・デイモン主演の「オデッセイ」、小説では、平野啓一郎の「ドーン」が好きです。どちらも面白いので、まだの人はチェックしてみてください。

 

 

ドーン (講談社文庫)

ドーン (講談社文庫)

 

 

いつもの三大流星群 

三大流星群のうち上記2つは、今年は極大の時刻や月齢の条件が良く、多くの流星の出現が期待できそうです。

 

彗星

大当たりの彗星はなさそうですが、安定のパンスターズ彗星は10等級ぐらいまでは明るくなるか?

 

 

2度の皆既月食、そして火星大接近、さらには三大流星群。

今年の天体ショーは楽しめそうです。

 

またねー

 

 

 

 

 

 

 

東京03番号を取得できる電話アプリShaMo!(シャモ)で法人銀行口座開設も簡単になるね。

個人事業やシェアオフィスなどで1人ビジネスを立ち上げた経験のある方なら一度は考えたことがあると思いますが、「固定電話どうしよう。。?」

 

事業始めたてのころなんて、事務所に電話なんてかかってくるはずないし、掛かってきたとしても、自分がその電話を取れることなんてなかなかないし、ましてや電話番なんかいないし。

シェアオフィスで、電話番号付帯プランにすると値段が跳ね上がるし、、、

 

f:id:shinovo:20180131185042j:plain

 

かかってこないなら携帯でいいよね、って思っていたら、銀行口座を作れない、というトラップに引っかかっちゃうし。

 

そんなときに便利なアプリをご紹介します。

 

東京03番号が取れる電話アプリ ShaMo!(シャモ)

shamo.nifcloud.com

 

スタートアップの第一の壁が、銀行口座の開設なんですが、「要固定電話」なんですよ。今どき。

 

たしかに「050」のIP電話でも開設させてくれるところもありますが、多くは固定回線を持っていることが条件なんです。

 

会社なら、固定電話があってしかるべきだ、という固定観念が変わってないんですね。

 

固定電話にかかってくる電話なんて、飛び込みの営業電話ばかり。あとは、クレジットカードを作るときなどの本人確認の電話ぐらい?ホント無用の産物となりつつあります。

 

ShaMo!(シャモ)の特徴

  • 固定回線いらずで03番号・06番号が取得できる。
  • インターネット回線を利用したIP電話
  • 複数人でも登録できて、代表番号は全員一斉に着信。
  • 社員間の通話は無料。
  • 1回線900円。050のIP電話アプリよりはちょい高い。
  • かけ放題プランあり。
  • 時間外アナウンスオプションあり。

インターネット回線さえあれば、通常の固定電話とかける側からすればまったく変わりません。

 

受ける方もiOSだとCallKitを使っているので、通常の着信とほとんど変わらず。

Androidだと問題ありらしい。。未確認ですが)

 

 

そもそもの銀行口座開設基準を見直して欲しいというのは置いておいて、月900円さえ払えば、とりあえずはちゃんとした会社っぽく見せられる電話番号を設置できるアプリ。すぐれものです。

 

あー、法人銀行口座どうしよう、って迷ってる方にはオススメサービスです。

 

またねー。

 

株式会社Kids Publicさんが提供する「小児科オンライン」は働くお母さんや海外赴任には必需品!

今日は、注目のベンチャー企業紹介したいと思います。

先日のイベントでご挨拶させていただいた「株式会社Kids Public」さんなのですが、いいサービスを提供されていました。

 

いやー、海外赴任しているときにこのサービスが欲しかった、ホント欲しかった、というものなのでぜひご覧ください。

 

f:id:shinovo:20180130193849j:plain

 

サービス名”小児科オンライン”

syounika.jp

 

家族を連れて、とくに小さい子どもを連れて海外赴任した経験のある方ならきっと共感してもらえると思いますが、海外で病院にかかるって結構大変なんです。

 

言葉が通じないし、症状を伝えられないし、処方してもらった薬の効用が分からないし。。。と、ないないづくしです。

病気で体調悪くて不安ばっかりなのに、医者に行ってもフラストレーションがたまるばかり。正しく理解されているのかも分からないし。

 

日本人医師が常駐しているような大都市圏への転勤ならそんな不安もないのでしょうけど、日本語が通じる医師がいる場所なんて限られています。

 

英語がある程度得意だったとしても、医療の現場で使われる英語って、ビジネス英語ともまた違うので単語がまったくわかりません。

 

Antibiotics

blood draw

urine

 

などなど。ビジネスの場でも使わない単語のオンパレードで、TOEICじゃなかなか出てきません。

 

大人だったら、ジェスチャーを交えて意思疎通できるけれど、言葉もままならない子どもだと。。

表情からしかわかってあげられず、痛いのか、苦しいのか。。

 

薬の強さも日本と海外では結構違いがあって、海外の薬ってめっちゃ効き目が強いんです(ものにもよると思いますが) それを本当に子どもに処方しても大丈夫なのか?

 

カラダのことになると不安がいっぱい。

 

今回紹介する株式会社Kids Publicさんが提供する「小児科オンライン」は子どもを持つ親にはホント求められるものです。

 

海外赴任中に知っていたらどんなにか安心できただろうって思います。

 

このサービスは、代表者の橋本氏をはじめ、小児科医、その他専門医がオンラインで24時間365日対応してくれます。

 

ビデオチャット方式で、症状を画像で見せて診断してもらえます。触診以外はほぼできちゃう感じです。

 

病院に行くべきか、救急車を呼ぶべきか、安静にしていたらいいものか。

 

素人では分からないし、子どものことになると不安だし。。。

 

それを解消してもらえます。 救急車が呼ばれるケースのほとんどは、症状の軽い状態。

 

東京消防庁<安全・安心情報><救急アドバイス><救急車の適正利用にご協力を!><救急車の適正利用のお願い!!>

↑救急車を呼ぶ前に!というサイトもあるぐらいです。

 

単なる風邪とか発疹が出たとか、はじめての子どもだとやっぱり怖いですからね。 大丈夫かなって。子どもなんてすぐに39度とか40度の熱も出たりしますし。

 

それが株式会社Kids Publicさんが提供する「小児科オンライン」を使えば一気に解決。

資格を持った医師が答えてくれるので安心です。

 

結構法人契約が進んでいるとのことです。

福利厚生の一環として会社が契約してくれると子どもを持った親は安心して働けます。

 

病院に連れていくべきか、連れて行かなくても大丈夫か。

 

不安なときに、ひとまず相談。

それも医師が答えてくれると安心ですね。

 

ぜひ、このサービスをご覧ください。

 

またねー