社内起業家倶楽部

独立起業する前にイントレプレナーとしてまずは社内で起業しよう。

考えたこと

ブラック企業と呼ばれている企業はホントにブラックなのか?

最近ブラック企業という言葉が横行しすぎているように思う。少しでも職場環境が悪ければブラック企業なのか? すべての行為を擁護するわけではないが、なにか問題が起こるとひとくくりに「ブラック企業」で片を付けてしまう風潮には納得がいかない。 早朝か…

マイナス金利ってなぞすぎる。早くやめちゃえば。

世の中の話題の中心が、マイナス金利にあるようなのでマイナス金利について書いてみたいと思う。 マイナス金利とは? マイナス金利とは、ずばり、金利がマイナスになることである。通常、銀行にお金を預けたら金利がもらえますが、それは金利がプラスだから…

サラリーマンのための確定申告講座。なんでサラリーマンは確定申告が必要ないの?

今年も確定申告の季節がやってきました。世の中では騒がれていますが、多くのサラリーマンにとってはどこ吹く風。 確定申告ってなんのこと?という人のほうが多いことと思います。また、個人事業主の人も確定申告は税理士さんがやってくれるもので、自分は領…

採用=面接は思考停止の典型だと思う。採用面接って型にハマり過ぎじゃない?

採用面接ってどう思いますか?わずか1時間足らずの間に、求職者の人間性や仕事の出来不出来を判断できますか?たしかに企業によっては、1次面接、2次面接、そして役員面接など複数の面接をいろんな人が担当することによって、いろんな角度からその人物を見…

英語を身につけたら人生変わるの?英語ってスキルだっけ?

本屋に行くと所狭しと英語の教材が並んでるのを見かけます。「英語教育」ビジネスの巨大さにはホント驚きです。かと思うと、東南アジア諸国に出かけると、そこかしこで英語が通じます。英語を身につけたら人生って変わるんでしょうか?英語ってスキルだっけ…

社会人になって資格取得に走るのってどうなの?

社会人になると業種・業態にもよると思いますが、学生のころよりも使える時間が少なくなる人がほとんどだと思います。といっても自己啓発には学生時代よりも興味を持つようになり、「資格取得」や「語学習得」に走る方も多いと思います。 今回は、社会人にな…

稼ぐ力を身に着ける副業のススメ

大企業に入ったら一生安泰。そんな時代は終わってしまいました。 また現在は法で守られているとはいえ、公務員だって安泰とは言えなくなる時代が来ると思います。 若いうちであれば身の振り先もあるとは思いますが、歳を重ねて、給料が高くなってからの転身…

サラリーマンが独立起業するためのお金の貯め方、タネ銭の作り方を考えてみよう

サラリーマンは、毎月の収入が決まっている方がほとんどだと思います。もちろん残業代や臨時ボーナスが入ったり、働き次第でインセンティブががっぽりという方もいるとは思いますが。社内ではなく、独立起業のためにはどうしてもお金が必要となります。 一応…

来年に向けてスキルアップを考えてる人へ。税金の仕組みを学んでみよう。

新年といえば目標設定の季節です。毎年新たな目標を掲げ、その月末にはその目標を忘れてるのに、年末には忘年会でその年にあったことを洗いざらいすっかり忘れ、年が明けると気分を新たに目標設定を繰り返しています。 自分自身はこんな感じなのであまり参考…

起業や新規事業の失敗の典型例。ぜひ避けたいですよね。

起業にしろ、新規事業にしろ、やはり多い失敗例。どういうケースで失敗してしまうのかを考えてみたいと思う。 撤退基準を決めていない。 起業しているがうまくいっていない人を見ていると、売りも利益もほとんど出ていないのに「あきらめなければ成功しかな…

社内起業の面白みってどんなものなんだろう?

気づかぬうちにゆでガエル 同じ会社で長く働いていると仕事のこなし方が身についてきます。来たボールをうまく処理することに長けていき、新しいことに触れる機会が減ってきます。もちろん定期的に組織変更や部署異動があるような会社であれば定期的に仕事が…

社内起業を成功させるために、どうやって事業のアイデアやネタを見つけたらいいの?

社内起業を成功させるためのアイデアやネタの見つけ方 ブルーオーシャンを見つけよう。この言葉は社内起業のアイデアを考える段階ではNGです。たしかに、まだ誰も見ていない市場を見つけようという行動や思考は間違ってません。きっと成功すれば、大きなリタ…

オペレーションとイノベーション。既存事業と新規事業との違い。

社内起業を立ち上げようとプロジェクトを初めても、普段仕事をしていると忙しさに忙殺されて優先順位が下がりがちだ。日時を固定させて「参加必須」にしても、緊急事態が発生したり、アポイントがかぶったりして参加者がポロポロ抜けてしまうことも度々ある…

新規事業アイデアが実を結ぶのはたった1000分の3

新規事業のアイデアが実を結ぶのはたった1000分の3 千三つ。新規事業が語られる際によく言われる言葉です。新規事業のアイデアが成功する確率は1000分の3という意味です。統計上の数字というわけではないと思いますが、独立して起業するにしても、社内起業す…

社内起業家養成塾開講

社内起業家養成塾開講します 独立したい、起業したい、と一度でも考えたことがある人は非常に多いと思います。しかし、アイデアはあっても独立して起業するには大きなリスクが伴います。失敗したら借金まみれ、信用も失い再起不能状態に。そんなイメージがつ…