社内起業家倶楽部

独立起業する前にイントレプレナーとしてまずは社内で起業しよう。

稼ぐ力を身に着ける副業のススメ

大企業に入ったら一生安泰。そんな時代は終わってしまいました。

また現在は法で守られているとはいえ、公務員だって安泰とは言えなくなる時代が来ると思います。

若いうちであれば身の振り先もあるとは思いますが、歳を重ねて、給料が高くなってからの転身は思いのほか苦労するでしょう。

今日は副業のススメと題して書きたいと思います。

f:id:shinovo:20160125083743j:plain

 

 

副業のススメ

今の会社には、副業禁止規定があるから、と聞こえてきそうですが、もちろん次のことには気をつけるべきです。

  • 時間の切り売りはしない(時給で働かない)
  • 現業に影響を及ぼす仕事はしない。
    ↑これは社内起業でやりましょう。

ダブルワークとして、工事現場で働いたり、飲み屋で働いたりを推奨するつもりはありません。また、現業に影響を及ぼすような働き方、具体的には、現業のクライアントに営業したり、現業の競合となるような仕事は訴えられる可能性もあるので控えましょう。この2点に気をつけさえすれば、見つかったときに注意される可能性はあるかもしれませんが、訴えられたり解雇されたりというようなことはないと思います。

ただ、あくまで自己責任でお願いしますが。

おススメするのは週末起業と呼ばれる部類に属するものです。

 

これからの時代、収入の複線化は必須

サラリーマンは収入源が一本である人がとても多いと思います。

万が一、勤めている会社がつぶれてしまったら頼るものは雇用保険生活保護と貯金だけ。それって、めっちゃ危険。

会社は一生守ってくれない可能性があるのに、収入の複線化を副業禁止規定で縛るってひどい話ですよね。

なにが起こっても不思議じゃない時代だからこそ、稼ぐ力をつけることは必須です。

収入源が複数準備できていれば、会社がつぶれても怖くありません。

 

収入源の複数化=稼ぐ力

収入源を複数準備できる人には稼ぐ力があると言えます。

サラリーマンを長く続けても、会社で生き抜く術は身についても稼ぐ力は身につきません。結構ここは勘違いしている人も多いと思います。

自分は大企業で部長にまで上り詰めた、だから会社がどうにかなったってどこにでも行ける、これって大きな勘違いです。
大企業の偉いさんのほとんどは会社のカンバンを下せばただのおじさんがほとんどです。

 

まずは1人のお客様、1円の売上

インターネットの進んだこの時代、副業の芽はたくさんあります。なんでも金になります。ただ、副業は甘くありません。まずは1人のお客様を見つけ、1円の売上をあげてみましょう。

一例ですが、

  • スカイプを使って、悩み相談をする(スカイプコーチング)
  • インターネット通販をはじめてみる
  • 動画をつかって講師業をはじめてみる
  • ブログでアフィリエイトをしてみる
  • 中古マンションを買って大家業にチャレンジしてみる

などなど。
社内で起業することも応援しますが、自分自身の稼ぐ力を身に着けることも応援していきます。

サラリーマンとしての給料以外に稼ぐ力を身につけるということは、自分自身の魅力アップにもつながることと思います。社外のネットワークは確実に広がるし、情報への感度も格段にアップします。本業に悪い影響がでるどころか、きっと好影響を及ぼすようになるでしょう。

また、収入が増えることはもちろんですが、副業をはじめることによって経費の幅が変わってきます。そこで節税対策を施せば、自分に残るお金はもっと大きくなります。

稼ぐ力を身に着けて、これからの大変な世の中を生き抜いていきましょう。

 

 

※今日(2016年1月25日)は、大阪から東京のための新幹線で記事書いています。
大雪でめっちゃ遅れが出ています。寒いです・・・