読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

社内起業家倶楽部

独立起業する前にイントレプレナーとしてまずは社内で起業しよう。

サラリーマンのための確定申告講座。なんでサラリーマンは確定申告が必要ないの?

今年も確定申告の季節がやってきました。世の中では騒がれていますが、多くのサラリーマンにとってはどこ吹く風。

確定申告ってなんのこと?という人のほうが多いことと思います。また、個人事業主の人も確定申告は税理士さんがやってくれるもので、自分は領収書をかき集めるだけ、という方も多いのではないでしょうか。

ここは一度確定申告って何ぞや、ということを整理しておきましょう。

f:id:shinovo:20160205211252j:plain

 

確定申告ってなんだっけ?

確定申告とは、1年間(1月1日~12月31日)の所得を確定させ、税金を申告することです。「所得」を確定させて申告する、これが確定申告です。

サラリーマンは、会社が勝手に税金を計算して代わりに納税してくれていますので、自分が税金をいくら払っているかを認識している人は意外と少ない(というはほとんどいない)と思います。

しかし、個人事業主は、1年間にいくら所得があったかを自分で申告しない限り、その所得額を国は知る由もありません。だからと言って、売上をちょろまかして税金を減らすようなことをしたら脱税となりますからね。

 

そもそも「所得」って何だか知ってますか?

所得って言葉の定義なんて多くの人は知りませんよね。所得って売上だっけ?それとも年収だっけ?って感じの人も多いと思います。

ちなみに「所得」とは、収入から必要経費を差し引いて残った額のことを言います。

 

所得=収入-必要経費

 

この式は覚えておきましょう。

ちなみに、所得には10種類あります。表を添付しておきますね。

f:id:shinovo:20160205211600p:plain

サラリーマンのお給料は、「給与所得」です。
自営業者が稼ぐお金は、「事業所得」ですね。

 

サラリーマンにとっての必要経費とは?

サラリーマンが確定申告をしなくていい理由は会社が代わりに納税してくれているからなのですが、所得とは収入から必要経費を差し引いたものです。

必要経費?そんなのあるのって感じですよね。
サラリーマンにとっての必要経費は、給与所得控除というものを国が設定しているんです。給与所得控除は税法で年収に応じて決められていて、年収から給与所得控除額を差し引くことによって給与所得の額が算出されます。

つまり、国の設定いかんで所得が変わるんです。

国は、サラリーマンにはできるだけ税金には無関心でいて欲しいと思っていると思います。税金を搾取するのが簡単ですからね。

 

f:id:shinovo:20160205211800p:plain

この巧みな、国による所得控除額の設定。あっぱれです。
ちなみにこれで給与所得が確定するわけではなく、別途表が設けられており、そこに当てはめて給与所得金額を確定させます。
複雑ですね。複雑にすることで、興味をそらそうとしているように映るのは私だけでしょうか。

 

サラリーマンも税金に興味を持つべし。

国から搾取されないためにもサラリーマンも税金に興味を持つべきだと思います。

まずは、確定申告することから始めるべきだと思います。申告しなくても申告書を作ってみることをおススメします。

また、下記に該当する人は、サラリーマンだって確定申告する必要があります。

  1. 医療費を年間10万円以上支払った人
  2. 家を住宅ローンで買った人(住宅ローン控除を初めて受ける場合)
  3. 年の途中で退職して年末調整を受けられない
  4. ふるさと納税をしてみた人
  5. 給与収入が2,000万円を超えている高年収サラリーマン
  6. 不動産収入や配当収入など副収入がある場合で、その副収入に対する所得が20万円を超える場合
  7. 2つ以上の会社から給与を受けている人

とくに1~4には該当する人が多くいると思います。

ぜひ確定申告を面倒がらずにチャレンジしてみましょう。

税金の還付を受けたりできるし、納税額をまじまじと見ることができます。税金に興味を持つようになると、国の税金の使い道について興味が湧いてきます。また税金の無駄遣いに敏感になります。さらに同時に節税の方法も考えるようになります。

そうすることで、サラリーマンから起業した際に有利に働くと思いますよ。

 

今日はここまで。