社内起業家倶楽部

独立起業する前にイントレプレナーとしてまずは社内で起業しよう。

事業を始めるときって、法人設立すべき?個人事業主となるべき?なにが違うんだっけ?

起業しようと思ったときに悩むポイントのひとつとして、法人設立をすべきか、個人事業で行うべきかという問題があります。

法人にしたほうが税金が安くなるらしいとか法人のほうが信頼性が増すんではないかとか、うわさは聞くけど本当なんでしょうか。

法人設立と個人事業主で何が違うのかのポイントをまとめておきたいと思います。

f:id:shinovo:20160117230901j:plain

そもそも法人ってなんだっけ?

知恵袋にいいのがありましたので参照します。

detail.chiebukuro.yahoo.co.jp

 

法人とは、自然人以外で、法律上の権利義務の主体となることができるもののことです。定められた手法で登記することによって、「契約の主体者になれる」というのが会社組織、法人です。

法人は契約の主体になれるだけであって、事業そのものは人(自然人)がすることになるので法人であっても個人であっても違いはありません。

大きい組織は法人(会社)で、小さなパパママ商売みたいなのが個人事業主のようなイメージを持っている人もいるかもしれませんが、規模は関係ありません。

あくまでも、法人登記されているか否かです。だから、たとえ従業員が100人いるような組織であっても法人登記されていないのであれば個人事業だし、近所で夫婦2人でがんばっているような八百屋さんが法人(会社)だったりもします。

 

どうでもいいから違いを早く聞きたい。

法人と個人事業主との一番大きな違いは、税法上の取り扱いです。

法人は、契約主体である「法人」そのものに法人税や法人住民税が課せられます。

一方、個人事業主には、所得税、住民税(条件に合致した場合には事業税)が課せられることになります。

法人税所得税とでは計算方法が大きくことなりますので、この点が法人と個人事業との最大の違いとなります。

 

結局どっちにすべきなのか?

ケースバイケースと言ってしまっては元も子もないので2つだけチェックポイントを記載します。

 

  1. ちゃんと経理ができますか?
  2. 売上のめどがある程度(だいたい600~1,000万円以上)ついていますか?

 

この2つがクリアできるなら法人組織を作ってもいいと思います。

そうでもないなぁというのなら個人事業主としてスタートするほうがおススメです。税務署で進められるままに青色申告を選択せず、白色申告とすれば記帳や証憑類の保管義務などもなく、簡易な経理だけで済みます。

スモールスタートアップなのであれば個人事業主という形で売上を積み、ある程度してから法人成りをすればいいと思います。

法人には、節税のためのアイテムが個人よりも豊富にそろっています。また、法人のほうが銀行融資が有利であったり、助成金を受けやすいという点も見逃せません。

腹をくくって資本を入れたり、経理をしっかり整えているのであれば法人設立してしまったほうがいいと思います。

もっと詳しく聞きたいかたはぜひお問い合わせください!
相談にのりますよー。