社内起業家倶楽部

独立起業する前にイントレプレナーとしてまずは社内で起業しよう。

クラウドファンディングを提供する日本の会社3選

クラウドファンディングの基本的な知識については、昨日このブログに記載しました。

intorepreneur.hatenablog.jp

日本ではどんな企業がサービスを提供しているんでしょうか。

今日は日本でクラウドファンディングといえば、という企業を3つピックアップしてみました。 

f:id:shinovo:20160123223742j:plain

 

READYFOR(レディーフォー)

readyfor.jp

 

日本のクラウドファンディングといえば、最古参のREADYFOR(レディーフォー)です。2011年の4月にサービス提供を開始し、これまで約3,800件近くのプロジェクトの資金調達を行ったとのこと。またトータルの資金調達額は、19億3千万円以上、そして参加人数は延べ15万人を超えているそうです。

当初は、「購入型」と呼ばれるクラウドファンディングからスタートしていましたが、昨年2015年12月には「寄付型」のサービスも開始されたようです。

運営会社は、READYFOR株式会社。代表者は、若き女性経営者米良はるかさん。起業家に男女は関係ないとは思いますが、やはり女性経営者は光ります。ぜひ、インタビューしてみたい!

 

Makuake(マクアケ)

www.makuake.com

続いては、サイバーエージェント系のクラウドファンディング企業、Makuake(マクアケ)です。

運営会社は、株式会社サイバーエージェントクラウドファンディング

Makuake(マクアケ)でも、これまで1,000以上のプロジェクトで資金調達を行っています。Makuakeのサイトに載せること自体はタダ、無料です、もちろん審査がありますが。プロジェクトには担当者が1名ついてくれるようですし、初めてのプロジェクトでも安心できそうです。

 

CAMPFIRE(キャンプファイヤー)

camp-fire.jp

CAMPFIRE(キャンプファイヤー)もプロジェクトの作成・公開は無料です。Makuake同様に調達額の20%が手数料です。目標金額に達せず、不成立となった場合には、プロジェクトを作成した側も、支援を表明した側も一切お金をとられることはありません。

運営会社は、株式会社ハイパーインターネッツクラウドファンディング専業です。

2011年からサービスを開始している日本では老舗です。

 

 

これら3つの企業が大手として主にしのぎを削っていますが、全国には40以上の企業が乱立しているようです。この他にも注目企業が出てくるかもしれませんので、これからますます目が離せない業界です。